素早く正しい判断をする為に日頃からシミュレーションを!

こんにちは、ソソグ―コンサルティングの池澤です!

皆様も普段、日用品等を購入する際もそれが本当に必要なのかを考え、買う・買わないの判断をされているかと思います。

(私は以前購入した、目玉焼きを成形して焼ける金型?を買いましたが一回使って使わなくなりました、、、あれは私には不要でした💦)

日用品等の場合は同一性能を同条件(価格)でいつでも手にはいることがある程度担保されている為、買わない選択をした場合もまた欲しくなったタイミングで買うことができます。

ですが不動産はそうはいかず、二つとして全く同じ物件は無いと言われ一度買い時を逃すと二度と同一性能、同条件での購入はできなくなります。

不動産は金額も大きく、購入検討期間は必要ですが良い物件ほどやはりライバルも多く、検討している間に他決していることが非常に多いです。

だからとよく調べもせずに購入を決断するのはリスクも大きい為、私からは事前に【購入可否を判断するルール】を定めておくことをオススメします!

例えば、自己資金投下額に対するキャッシュフロー率や購入金額に対する不動産評価額(簿価含め)、物件構造や想定融資条件(金利、期間)です。

物件紹介を受けてから、自分で設定したルールに当てはめてクリアするのであれば取り急ぎ金融機関への相談・申込だけでも動けると物件を取得できる確率は上がります!

実際に弊社のお客様もご紹介からお申し込みのスピード感が速い方が直近で購入できている実績があります。

私もお客様が設定したルールに対して、いち早く回答できるように心がけて参ります!

ikezawa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です