築古物件は今が買い時?

みなさまこんにちは!

先日、たった1km走っただけでなぜか腕が筋肉痛となりました営業部武田です。
本日もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

今回は、市場と金融機関の動向から、築古物件は「今が買い時」と考える理由について、お伝えいたします。

まず全体的な不動産市場の動きから、大きく3つと考えております。

≫1つ目:賃料を上げられる可能性が高い

人口増加エリアに限られますが家賃相場が上がっております。
昨今の新築物件の賃料設定などを見ていただくと一目瞭然です。
建材系・設備系コストの値上がりが顕著になっており、そういった側面でも賃料を上げざる得ない状況とも言えます。

≫2つ目:融資が渋い

ややネガティブな話題ですが、融資の可否は売価設定の重要な要素です。
つまり、融資が出にくいことで強気な価格では売りづらく、売切りのタイミングや交渉にて相場よりも良い水準で買える可能性があります。

≫3つ目:戸建用地とアパート用地の価格乖離

住宅系は土地値が上がってもローンさえ組み立てられれば、際限なく取引されます。住宅ローンは属性次第で好条件にて受けられるので、そういった背景も後押ししております。

以上から、築古物件は購入時にハードルがありますが、インカムゲイン・キャピタルゲインともに運用次第で最大化できます。

割安で購入しやすい市況であるのは間違いありませんので、キャッシュは多少入れるものの魅力的な投資案件だと考えます!

㈱ソソグーコンサルティングは売却物件を大募集!しております。
ぜひ、このご機会にご相談くださいませ!!ご連絡お待ちしております!

takeda
株式会社ソソグーコンサルティング 武田 龍一(たけだ りゅういち)です。 お客様の不動産投資のお手伝いをさせていただきます! よろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。