建物賃貸借契約の名義変更

こんにちは、寺西です★

朝晩は大分寒くなってきましたね(*´Д`)
日中は過ごしやすいくらいの気候なので、毎朝の洋服選びに困ります・・。
体調管理をしっかり行い、日々元気に過ごしましょうね!!

 

さて本日はたまにお問合せのある、「名義変更」について触れたいと思います。

名義変更=連絡して書類書いたらできる
と思っている方もいらっしゃるかと思いますが、
賃貸借契約において名義変更を行うには、手順を踏む必要があります。

 

1.まずは契約書を手元に準備し、名義変更についての記載を確認しましょう。
名義変更の際の手続き料に関して記載があることが多いので、これは必ずチェック!

 

2.管理会社に連絡し、いつから・なぜ・誰に変更したいのかを伝えましょう。
ちなみに、「いつから」に関してですが、明日から変更したい!は難しいです。
契約者が変わるわけですから、新しい契約者様の審査が必要です。

 

3.新しい契約者様の身分証明書や情報を伝え、審査してもらいましょう。
家賃保証会社の審査、家主さんの許可が必要なので、ここを通過しなければ変更できません💦

 

4.名義変更日の確定・必要費用の確認をしましょう
審査を通過したら、名義を切り替える日にちを確定させ、変更時にかかる費用を算出となります。
主にかかる費用として、「名義変更手数料・保証会社初回保証料・住宅用火災保険料」が挙げられます。
管理会社によっては他にも費用がかかることがありますので、必ず確認しておきましょう。

 

5.費用の支払い、契約書記入・捺印、重要事項説明を管理会社スタッフより案内してもらいましょう。
管理会社店舗に出向き、上記を行い無事締結です。

 

 

名義変更の機会はそれほど無いかと思いますが、
いざという時に知識があると、慌てることなく進めることができます。

もしもの場合にはぜひ、参考にしてみてくださいね(^^)/✨

↓ソソグー不動産はこちら


お問合せ

teranishi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です