投資家が言う「良い物件」とは。

みなさまこんにちは!
営業マンの武田でございます。

新型コロナウイルスが流行していますね、、、
新たに感染したり亡くなったりと心を痛めるニュースが多いですが、感染から完治された方もたくさんいるとのこと。

手洗い・うがいの徹底。咳や熱っぽいときはすぐにマスクを着用するのが一番の予防・拡散防止になるようですので健康で乗り切ってくださいませ!

さて、今回の題材ですが不動産に限らず、保険や株商品を取り扱う営業の方には共感いただける内容だと思いますので、業者目線で書いていきたいと思います。

お客さまから「良い物件があれば取り組みたい、、」「良い物件を紹介してほしい。。」と問い合わせを受けます。
良心的に物件紹介を差し上げている会社では、常に良い商品を!がモットーだと思いますので、正直回答に困ってしまいます。
すでに長いお付き合いしている方や、事前に意見交換させていただいていて好みを把握している方は別ですが。笑

初めての不動産投資の方や、勉強はするものの数年間購入できていない方に多いように感じます。
ポイントはあらかじめ決めていただいた方が紹介しやすく、提案もしやすいです。
例えば、
1.立地
2.構造
3.利回り
4.ファミリーor単身

など、頂いた条件が厳しければ提案し、頂いた条件通りの物件があれば紹介をしてもらえる。といった運びです。

そして、これが最も重要でして、お客さまに「買い気があること。」「買えること。」
サラリーマン大家さんの多い弊社にとって、後者は二の次ですが、営業マンとしてここがやる気スイッチとなります。

はじめて不動産投資をされる方は、不動産投資を行うにあたってのヴィジョン・物件条件はあらかじめ定めておいた方がいいと思われます。

ヴィジョンを決めることから相談したい方!お気軽にお問い合わせくださいませ!

takeda
株式会社ソソグーコンサルティング 武田 龍一(たけだ りゅういち)です。 お客様の不動産投資のお手伝いをさせていただきます! よろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です