家庭用電気代があがる😨

こんにちは!
最近、駅から自宅まで(約3キロ程度)ランニングしながら自宅付近の川沿いに桜並木を見ていると、本格的な春の訪れを感じております。

春が旬な花は、他にもまだまだあって、「梅」「椿」「ハナミズキ」「ナデシコ」「マリーゴールド」などなど、市街にいると中々見かけないと思います。
自粛中なので友人は、ゴルフ・キャンプ・登山などのアウトドア系の趣味にのめり込んでいますが、カラダを動かすことが苦手な方は、庭園・花園回りなんてのも乙でないでしょうか😏笑

さてさて、本題に移ってまいります。
【なんと!家庭用電気代:約1000円~2000円アップ!」】

≫自然エネルギー・太陽光エネルギーの波及
CO2の排出量や危険性から、原子力発電や火力発電の比率を上記2大エネルギーへコンバートしていきたい考えですよね。火力:70%、原子力:7%

再生エネルギーは先行投資は多額にいるものの、稼働率が悪いので回収に時間がかかります。

国から圧力かけられて、新エネ会社が倒産するのは無理はないと思いますが、各大手電力会社が競争を牛耳っていて、相場の実質的支配者的なポジションなので、ぜひとも事業者間での正当な価格競争はしてもらいたいなと思いますよね。

≫電気需要の増加
ホームワークが中心で自宅にいることが多くなった昨今、電気使用総量が増えているのも生産非効率なのに供給率を上げないといけないジレンマです。

≫武田の小言
しかしながら、色々調べてみると先人たちが急速に発展させてきた恩恵とツケのどちらも享受・許容して、人生内では到底完結しない目標・課題に対して、損得なしでその礎にならないといけないのだろう。人口が減っているのは寧ろ良いことで、定性的・定量的なのでないか?と半ば宗教じみた結論に至りそうになり、調べるのを止めました。。

≫最後に
現在、新エネルギー会社や住宅用の自家発電太陽光パネルなどの導入も検討してみるのもいいかもしれません!
また変えているようで変えていないLED電球へ取替えするなども、効果的です。

不動産事業もそうですが、今あるテクノロジーを駆使して馴染む・適応することが精神衛生を保つ大きなポイントです。
みなさま、電気代の請求書を見て驚かれないようにお気をつけくださいませm(_ _)m

takeda
株式会社ソソグーコンサルティング 武田 龍一(たけだ りゅういち)です。 お客様の不動産投資のお手伝いをさせていただきます! よろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です